東海大学 管弦楽団

団長挨拶

 向春の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。当楽団HPへのご訪問、並びに日頃よりのご支援誠に有難うございます。2019年東海大学文化部連合会管弦楽団の団長を務めさせていただきます、工学部精密工学科、ヴァイオリンパートの土屋明花と申します。

 当楽団は、様々な学部・学科の人が集まって活動をしています。また、全員が楽器経験者というわけではなく、大学から楽器を始めた人もたくさんいます。様々なバックヤードを持つ人たちが集まって一つの音楽を創り上げる、ということは中々容易なことではありません。ですが、これは同時に様々な角度・視点からものを見ることができるという素晴らしい面も持ち合わせており、音楽、そして楽団のレベルアップにとても有用であると感じています。なので、積極的にこの面を引き出し、活かしていくことで、夏・冬それぞれの定期演奏会で自分たちにとって最上の演奏、そして聴きに来て下さる皆様が満足していただけるような演奏ができるよう、1年間団長として邁進していく所存です。より素敵な、より魅力的な楽団そして演奏にして いけるよう団員全員で頑張ってまいりますので、よろしくお願い致します。

 当楽団の活動内容は、年2回の定期演奏会、東海大学の学園祭である建学祭でのコンサート、各種依頼演奏が中心となっています。また、団内のイベントとして、年2回の合宿、バーベキューなども行っています。様々なイベントがあり活動的な楽団ですが、現在人手不足に悩んでいるパートも存在しています。そこで、当楽団では新入団員を随時募集しております。楽器をやってみたい、音楽を創ってみたい、沢山の人と何かを成し遂げてみたい、その気持ちさえあれば楽器経験の有無は関係ありません。個性豊かな団員がお迎えします。詳しくは当楽団HPをご覧ください。Twitter、FacebookなどのSNSでも情報発信をしておりますので、チェックしていただければと思います。

 最後になりましたが、日頃のご愛顧心より御礼申し上げますとともに、今後の当楽団への変わらぬご支援のほどどうぞよろしくお願い致します。

東海大学文化部連合会管弦楽団
2019年団長 土屋 明花