東海大学 管弦楽団

団長挨拶

新春の候、皆様におかれましてはますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

日頃より当楽団にご支援を賜り、誠にありがとうございます。
2018年東海大学文化部連合会管弦楽団の団長を務めさせていただきます、工学部生命化学科、バイオリンパートの皆川晟也と申します。

当楽団の特徴は、初心者も活躍できるという点です。全国各地より、音楽や楽器経験の全くない初心者からずっと楽器を続けてきた経験者まで、様々な環境で生まれ育ってきた仲間のなかに初心者もたくさんおります。私自身、バイオリンは当楽団に入団してからはじめました。
経験の有無を問わず、同じ舞台で個性豊かで魅力的な仲間とともに演奏できる環境が当楽団には備わっております。経験者にはもちろん初心者にも楽しんでもらえるよう、指導に関しても各楽器ごと工夫をこらしたものを作っていき、一人ひとりにとって価値あるものになるよう、互いに教え合うなどの思いやりの精神を大切にしながら活動しております。
当楽団はオーケストラを中心とした活動を行っておりますので、吹奏楽とはまた違った楽しみがあることも特徴のひとつです。
学生だからこその若さと音楽に対する自分たちなりの考えで、足を運んでくださるお客様に満足していただけるよう、日々精進しております。

当楽団は現在約60人で火・木・土曜の週3回で活動を行っております。
主なイベントとして、年2回(夏と冬)の定期演奏会や、当大学の建学祭コンサートなどがあります。また、夏や春に合宿を行ったり、地域のイベントに参加したりすることもあります。
しかしながら、当楽団は現在人数不足にある楽器があり、音楽が好きで仲間と共に演奏してみたいという方は、いつでもお越しください。
経験の有無は問いません。人数が多ければ多いほど曲のレパートリーも増えます。特にオーボエやファゴットといった木管楽器や、トロンボーンをやってみたいという方を募集しております。詳しくはお問合せ下さい。
また当楽団はFacebookやTwitterなどのSNSでも情報を発信しております。そちらの方も是非一度覗いてみてください。
最後になりましたが、日頃のご愛顧に心より御礼を申し上げるとともに、今後とも当楽団への変わらぬご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。

東海大学文化部連合会管弦楽団

2018年団長 皆川 晟也